富士市で評判の良い引越し業者を探す1番簡単な方法

富士市で評判の良い引越し業者を探す1番簡単な方法

富士市 引越し 見積もり

富士市 引越し 価格

富士市 引越し 料金

富士市 引越し 相場

富士市 引越し 比較

 

静岡で引越し業者を検索すると320件、富士市の引越しで検索すると14件ほど引越し業者がヒットします。
このすべてに見積もりを依頼したいところですが、実際はなかなかできませんね。

 

沢山の引越し業者の中から1番評判のいい業者はどこか、安い業者はどこか、サービスがいい業者はどこかなどいろいろ気になって調べても見つけることは出来ないと思います。
自分自身の引越し費用の相場を知りたいなら、複数の引越し業者から見積もりを取って比較するしか方法がないのです。
今はインターネットで一括見積もりが可能です。

 

一度の情報入力でお住いの地域に対応できる複数の引越し業者からまとめて見積もりを取ることが可能です。

 

富士市 引越し

 

 

引越しの費用やダンボールサービス、オプションなどは引越し業者によって随分違います。

 

引越し費用=スタッフへの人件費+ガソリン代や高速代などの交通費+ゴミの処理などのオプション

 

引越し費用は持っている荷物の量と新居までの距離に比例します。
荷物が多いほど引越し業者のスタッフが沢山必要ですし、大きなトラックも用意しなければなりません。
新居までの距離が遠いほど、トラックを運転するスタッフの人数も必要となり、ガソリン代も多くかかります。

 

引越し料金を安くしたいなら、当日までに荷物を減らしておきましょう。

 

引越し費用は荷物の量に比例しますので、できるだけ荷物の整理をして、いらないものは引越し当日までに処分しておくのがオススメです。
とりあえず箱に詰めて、新居でゆっくり仕分けするという方法は、余分に費用がかかることになるのです。

 

そして必ず見積もりは複数の引越し業者から取ってくださいね。
先ほど言いましたように、引越し費用は業者によって随分違います。
比較しないで1社だけに見積もりを依頼して決めてしまうのはもったいないです。

 

1社より2社、2社より4社と数が多いほうが、お得になるチャンスが広がるということになります。

 

しかも今は簡単に引越し業者から一括見積もりが出来ます。便利なうえに利用料は無料です。
できるだけお得に引越ししたいなら、複数の業者から見積もりを取って費用やサービスなどをしっかり比較しましょう。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越しの通常期(オフシーズン)と繁忙期(オンシーズン)

 

引越し件数は3〜4月が最も多く、この時期は繁忙期(オンシーズン)と呼ばれ、引越し料金が最も高い時期となります。
通常期(オフシーズン)に比べると、費用に大きな差があります。

 

富士市 引越し 繁忙期

 

引越しが3〜4月に多いのは、4月から大学に入学する学生や就職した新社会人、また人事異動で新年度から新天地へ行く会社員の移動がすべて3〜4月に重なるからです。
この時期は引越し業者はスタッフを増員したり、1日に回る件数を増やすなど対策を講じますが到底人手が足りません。
ですから繁忙期はどうしても通常期に比べて費用が高くなってしまうのです。

 

そんな繁忙期でも少しでも費用を安くしたいなら、早く新居を決めて引越し業者に見積もりを依頼することです。
安くて良い引越し業者ほどどんどん予約が入りますので、引越し日ギリギリになるほど高い業者しか残っていない可能性があります。

 

繁忙期は引越しのことを先延ばしにせず、早めに準備することが重要です。

 

 

引越しのおおまかな工程を確認

 

引越しの工程

 

引越しにはすることが多くて大変ですが、おおまかな工程を知っておくと無駄な動きが少なく済みます。
ぜひ一度ご確認くださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

これだけ並べて見るとすることが沢山ありますね。
しかし同じ時期に一気に行うわけではありませんので、そこまで大変ではないのです。
一項目ずつ見て行きましょう。

 

引越し料金は物件にエレベーターがあるかないか、トラックを物件の近くに停められるかどうかなどでも変わります。
ですから新居が決まっていない状態で見積もりを取っても、正確な金額ではないからです。
当日追加料金が発生するようなトラブルは避けたいですね。
引越し業者への見積もりは、新居が決まってからがオススメです。

 

そして新居に運ぶ荷物は、出来るだけ少なくしましょう。
いらないものを新居に運び入れるにも人件費とトラック代が多くかかるため費用が高くなるからです。

 

そして市外へ引越しする場合は、現住所の市町村役場に転出届を提出しましょう。
出し忘れると手続きが面倒になりますので、引越し前に出してくださいね。
引越し日の2週間前から提出することが可能です。
国民年金や国民健康保険のことも聞いておきましょう。

 

電気・ガス・水道は引越しする日まで現住所で使えるようにしてもらって、翌日からは止めてもらうように手配しましょう。
それまでに使った電気・ガス・水道料金は日割りで精算してくれます。
精算の方法は会社によって異なるので確認してください。

 

ところで郵便物が新居に届かないのは不便ですね。
郵便局で転送届を提出すれば、1年間は新居に郵送してくれますのでその間に知り合いに新住所を連絡してくださいね。

 

引越し日、荷物の運搬はほとんど引越し業者にお任せです。
しかし大事なもの、壊れたら困るもの、貴重品などは自分で運んでくださいね。
あらかじめ大きな家具の置き場所を決めて、引越し業者にメモを渡しておくといいですね。

 

市外引越しの場合は新居に最寄りの市町村役場に転入届を提出します。
同一市内引越しの場合は、市町村役場に転居届けを提出します。

 

荷解きはゆっくり行ってください。

 

最後に免許証やパスポート、銀行カード、クレジットカード、各種保険などの住所変更を行います。
免許証やパスポートなどは身分証になりますので、忘れないうちに警察署に行きましょう。
印鑑や住所を変更したことがわかる書類が必要な場合がありますので、手続きに何が必要か確認してくださいね。

 

 

引越しと挨拶

 

引越しあいさつ

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日に行くにがおすすめです。
なぜかと言いますと先延ばしにするほど挨拶に行くのが面倒くさくなったり、先に道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりするからです。

 

手ぶらで行く人もいますが、できれば引越し日までに簡単な粗品を用意しておきましょう。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子がいいです。タオルや洗剤などの消耗品も喜ばれると思います。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、その方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのような住人専用のゴミ収集所がないことが多いです。
そういうところではおそらく町内で当番制でゴミ収集所の清掃を行っているかと思います。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心ですね。

 

 

物件の契約にかかる初期費用

 

賃貸初期費用

 

賃貸物件を契約するときにかかる費用は結構かかります。
初期費用が貯まらなくて引越ししたくてもできないという話もよく聞きます。

 

では賃貸物件を契約する際にかかる費用はどんなものがあるのでしょうか?

 

引越しの初期費用には敷金・礼金・仲介手数料・家賃2〜3か月分・連帯保証会社利用費用・火災保険・カギの交換費用などがあります。

 

・敷金は退去の時に傷んだ壁や床などを修繕する費用で、入居の前に管理会社に預けます。
部屋の修繕がそんなに必要なかった場合、使わなかった費用は返金されることが多いです。
もし部屋に最初から大きな傷やへこみ、汚れがあった場合は家具のない状態で写真を撮っておきましょう。

 

・礼金は大家さんに支払われるお金です。昔からの慣習となっており未だに徴収されていますが、最近は礼金ゼロという物件も増えています。
賃貸物件も飽和状態で人口も減少しているので、少しでも入居しやすいようにという配慮でもあります。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用のことです。
法的に決まった額はないので、会社によって金額が異なります。そして最近では仲介手数料無料の会社もあります。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうことで、滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。

 

・連帯保証会社利用費用は、身元保証の会社に支払う費用のことです。
以前は契約書に親や兄弟、親戚などの連帯保証人を記載するのが一般的でした。家賃を滞納したときに変わりに支払ってくれる人です。
しかし最近は一人っ子や親戚付きあいのない方も多くなったため連帯保証人を立てられない人も増えました。
身元保証会社にお金を払って利用することが主流になりつつあります。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しなければなりません。
例えば火元が自分でない火事でもらい火をした場合でも、火元の住民に損害賠償を求めることはできないのです。
木造住宅の多い日本では1人の火災保険で他人の家までは補償できないのです。
火災は自分が原因ではなくても自己責任となりますので、自分のために火災保険には必ず加入しましょう。

 

・カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもハッキリとした数がわかりません。
カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかりますが、防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。

 

 

引越しのオプションについて

 

富士市 引越し オプション

 

引越し費用は交通費と人件費とオプション費用の合計です。
そしてオプションというのは、全員には必要ないけどあると便利なサービスのことをいいます。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

この中でエアコンに移設は依頼が多いそうです。
自分で買ったエアコンなら新居にも持って行きたいと思いますよね。
しかしエアコンは設置が複雑なので自分で簡単に取り外せませんから、電器屋に来てもらって外してもらい新居で再び電器屋に設置してもらうものです。
地味に大変ですね。
そこで引越し業者のオプションとして依頼しておけば、専門の業者がエアコンの移設を行ってくれるので便利ですよ。

 

ピアノの運搬も実はオプションなのです。
なぜなら引越し業者によっては重くて高級なピアノは扱っておらず、ピアノ専門のスタッフを持つところしか運べないからです。
ピアノはうっかり破損すると補償額が大きいので、小さな引っ越し会社は敬遠しがちです。

 

このように全員には必要ないけど、あると便利なサービスがオプションとなるのです。