一人暮らし 引越し 挨拶

一人暮らしの引越し挨拶

一人暮らし 引越し挨拶

 

引越しするとご近所に挨拶に行くのが当たり前と思っていましたが、一人暮らしの場合はそうではありません。

 

一人暮らしの方は、ご近所に引越しの挨拶をしなくてもいいそうで不動産屋もそのように指導することがあるそうです。
なぜ挨拶に行かなくていいとなってきたのでしょうか?

 

なぜなら一人暮らしというのは空き巣や変質者などに狙われやすいからです。
特に女性の一人暮らしは防犯面で不安が大きく、いつストーカーに狙われるかもわかりません。

 

ご近所であっても、わざわざ一人暮らしであることを公表しないほうが良いとされています。
残念ながら、今の日本は昔のような「安全神話」が通用する国ではないようです。

 

犯罪に巻き込まれないために、普段から気をつけることがいくつかあります。

 

・物件を選ぶ時に、セキュリティーの高いオートロック物件や防犯カメラのある物件を選ぶ。
・2階以上の部屋にする。
・鍵を開ける際は誰かが後ろにいないかチェックして、すばやく中に入って鍵をかける。
・郵便受けにも鍵をかける。
・ゴミ捨てなどの短時間でも必ず鍵をかける。
・基本的にチェーンロックをかけ、宅配便も本物か確認してからチェーンを外す。
・1階はもちろん、2階以上であっても窓を開けっ放しにせず、どんなに小さい窓にも鍵をかける。
・下着は外に干さない。

 

文字だとすごく心配性で大袈裟に見えますが、一度でも知らない人が部屋の中に入ってきたら恐怖だと思いませんか?
防犯のやりすぎで困ることはまずありません。

 

オートロックや2階であることで安心してしまい、玄関のカギをかけない、窓を開けっ放しにするなどの行為は生活に慣れても絶対にしないでください。
普段から窓が空いている部屋だと認識されたら、いつか狙われます。2階でも3階でも関係ありません。